TALKS

INTERNATIONAL CONFERENCES

scheduled

  1. Hosokawa, K., S. Taguchi, K. Shiokawa, Y. Ogawa and Y. Otsuka, Responses of polar cap ionosphere to successive CMEs in December 2014: 5 days continuous monitoring with two all-sky imagers, Asia-Oceania Geoscience Society (AOGS) 12th Annual General Meeting, August 2015, Singapore, Japan
    2015
  2. Hosokawa, K., J. I. Moen, J.-P. St-Maurice, K. Shiokawa, and Y. Otsuka, Stagnation of a polar cap patch and decay of the accompanying plasma irregularities, SuperDARN Workshop and Annual Meeting 2015, May 2015, Leicester, UK
  3. Ozaki N, K. Hosokawa and Yasunobu Ogawa, Deriving ionospheric currents and Joule heating rate in the polar region from IMAGE/FUV and SuperDARN, SuperDARN Workshop and Annual Meeting 2015, May 2015, Leicester, UK (talk was given by K. Hosokawa)
  4. Hosokawa, K., Doing Space Weather by Using Ground-based Optical Instruments in the Polar Region, Space Weather Event Report: Preliminary Analysis of Latest Events, March 2015, Fukuoka, Japan
  5. Hosokawa, K., Plasma structuring in the polar cap ionosphere, Grand Challenge Brain Storming Session, in theory, numerical, experimental, technology and instrumentation, for advancing coordinated ground and sounding rocket missions, January 2015, ISAS/JAXA, Sagamihara, Japan
    2014
  6. Hosokawa, K., S. Taguchi and Y. Ogawa, Creation of polar cap patches, AGU Fall Meeting, December 2014, Sanfrancisco, USA (invited)
  7. Hosokawa, K., R. Maggiolo, Y. Zhang, R. Fear, D. Fontaine, J. Cumnock, A. Kullen, S. E. Milan, A. Kozlovsky, M. Echim and K. Shiokawa, Ground and satellite observations of multiple auroral arcs in the duskside polar cap region, AGU Fall Meeting, December 2014, Sanfrancisco, USA
  8. Hosokawa, K., S. E. Milan, M. Lester, A. Kadokura and N. Sato, Fine-scale electrodynamic structure behind auroral vortex street, International Conference on Substorm 12, November 2014, Ise, Japan
  9. Hosokawa, K. and Y. Ogawa, Ionospheric density changes during periods of pulsating aurora, Asia-Oceania Geoscience Society (AOGS) 11th Annual General Meeting, August 2014, Sapporo, Japan
  10. Hosokawa, K., S. Taguchi, K. Shiokawa, Y. Otsuka and Y. Ogawa, Global imaging of polar cap patches, Asia-Oceania Geoscience Society (AOGS) 11th Annual General Meeting, August 2014, Sapporo, Japan
  11. Hosokawa, K., R. Maggiolo, Y. Zhang, R. Fear, D. Fontaine, J. Cumnock, A. Kullen, S. E. Milan, A. Kozlovsky, M. Echim and K. Shiokawa, Multi-instrument observations of multiple auroral arcs in the duskside polar cap region, EGU General Assembly, May 2014, Vienna, Austria
    2013
  12. Hosokawa, K., S. Taguchi, K. Shiokawa, Y. Otsuka and Y. Ogawa, Global imaging of polar cap patches with dual all-sky airglow imagers, AGU Fall Meeting, December 2013, Sanfrancisco, USA
  13. Hosokawa, K., Motion of small-scale arcs and background convection, International Space Science Institute (ISSI) Team Meeting, October 2013, Bern, Switzerland
  14. Hosokawa, K., Motoba, T., A. Kadokura, and N. Sato, Ground-based Interhemispheric Observation of Auroral Beads, Asia-Oceania Geoscience Society (AOGS) 10th Annual General Meeting, June 2013, Brisbane, Japan (invited)
  15. Hosokawa, K., S. Taguchi and Y. Ogawa, Plasma Structuring in the Polar Cap Ionosphere Asia-Oceania Geoscience Society (AOGS) 10th Annual General Meeting, June 2013, Brisbane, Japan (invited)
  16. Hosokawa, K., Ground-based observations of polar cap aurorae, International Space Science Institute (ISSI) Team Meeting, February 2013, Bern, Switzerland
  17. Hosokawa, K., Tracking the motion of polar ionospheric disturbances from all-sky airglow imager, The 1st ANGWIN Meeting, March 2013, NIPR, Tokyo, Japan
    2012
  18. Hosokawa, K., T. Motoba, A. Kadokura, and N. Sato, Magnetic conjugacy of northern and southern auroral beads, AGU Fall Meeting, December 2012, Sanfrancisco, USA (talk was given by T. Motoba)
  19. Motoba, T., Hosokawa, K., A. Kadokura, and N. Sato, Magnetic conjugacy of northern and southern auroral beads, EGU General Assembly, April 2012, Vienna, Austria (talk was given by K. Hosokawa)
  20. Hosokawa, K., J. I. Moen, K. Shiokawa, and Y. Otsuka, An unusual strolling motion of polar cap patches: an implication of the influence of tail reconnection on the nightside polar cap convection, EGU General Assembly, April 2012, Vienna, Austria
  21. Hosokawa, K., Observational studies of plasma structures in Earth's ionosphere, International WorkShop on Computational Science and Numerical Analysis (IWCSNA), March 2012, Tokyo, Japan
    2011
  22. Hosokawa, K., S. E. Milan, M. Lester, A. Kadokura, N. Sato, and G. Bjornsson, Observations of Large Flow Shears around Small-scale Auroral Beads Observed at Substorm Onset, Asia-Oceania Geoscience Society (AOGS) 8th Annual General Meeting, August 2011, Taipei, Taiwan
  23. Hosokawa, K., J. I. Moen, K. Shiokawa, and Y. Otsuka, Stagnation of a Polar Cap Patch and Decay of the Accompanying Plasma Irregularities, Asia-Oceania Geoscience Society (AOGS) 8th Annual General Meeting, August 2011, Taipei, Taiwan
    2010
  24. Hosokawa, K., J. I. Moen, K. Shiokawa, and Y. Otsuka, Decay of polar cap patch, AGU Fall Meeting, December 2010, Sanfrancisco, USA
  25. Hosokawa, K., T. Tsugawa, K. Shiokawa, N. Nishitani, Y. Otsuka, T. Ogawa, and M. Hairston, Multi-instrumental comprehensive study of polar cap tongue of ionization during magnetic storm on December 15, 2006, 38th COSPAR Scientific Assembly, July 2010, Bremen, Germany
  26. Hosokawa, K., Y. Ogawa, A. Kadokura, S. E. Milan, M. Lester, and N. Sato, Modulation of Ionosphere Associated with Pulsating Aurora - Observations in Iceland and Norway -, IPY Oslo Science Conference 2010, June 2010, Oslo, Norway
  27. Hosokawa, K., Y. Ogawa, A. Kadokura, H. Miyaoka, and N. Sato, Modulation of ionospheric conductance and electric field associated with pulsating aurora EGU General Assembly, May 2010, Vienna, Austria
    2009
  28. Hosokawa, K., T. Tsugawa, K. Shiokawa, N. Nishitani, Y. Otsuka, T. Ogawa, and M. Hairston, Multi-instrumental comprehensive study of polar cap tongue of ionization during magnetic storm on December 15, 2006, AGU Fall Meeting, December 2009, Sanfrancisco, USA
  29. Hosokawa, K., Patches and TOI from 4 years observations at Resolute Bay, Cusp and Polar Cap Ionosphere Present Knowledge and Future Planning, April 2009, Oslo, Norway (invited talk)
  30. Hosokawa, K., T. Tsugawa, K. Shiokawa, N. Nishitani, Y. Otsuka, T. Ogawa, Polar cap tongue of ionization during magnetic storm on December 14-15, 2006, SuperDARN Workshop and Annual Meeting 2009, May 2009, Corsica, France
  31. Hosokawa, K., R. Sugita, A. Kadokura, A. S. Yukimatu, N. Sato, S. E. Milan, M. Lester, G. Bjornsson, T. Saemundsson, Small-scale converging electric field structure in the vicinity of breakup auroral arcs, SuperDARN Workshop and Annual Meeting 2009, May 2009, Corsica, France
  32. Hosokawa, K., Modification of ionospheric current system during an intense pulsating aurora, 1st Workshop on Norway-Japan Arctic Space Research with Sounding Rockets, October 2009, The Royal Norwegian Embassy Tokyo, Tokyo, Japan (invited talk)
    2008
  33. Hosokawa, K., T. Tsugawa, K. Shiokawa, N. Nishitani, Y. Otsuka and T. Ogawa, Optical observation of polar cap tongue of ionization, AGU Fall Meeting, December 2008, Sanfrancisco, USA
  34. Hosokawa, K., PMSE observed with SuperDARN, Japan-China Scientific Cooperation Program sponsored by JSPS and NSFC Joint Seminor "Study on polar ionosphere-magnetosphere coupling", Aug 2008, Tokyo
  35. Hosokawa, K., K. Shiokawa, Y. Otsuka, and T. Ogawa, Motion of large-scale structures in the polar cap ionosphere, Asia-Oceania Geoscience Society (AOGS) 5th Annual General Meeting, June 2008, Busan, Korea (invited talk)
  36. Hosokawa, K., K. Shiokawa, Y. Otsuka, and T. Ogawa, Spatial relationship of polar cap patches and field-aligned irregularities observed with an all-sky airglow imager at Resolute Bay and SuperDARN radars, Asia-Oceania Geoscience Society (AOGS) 5th Annual General Meeting, June 2008, Busan, Korea
  37. Hosokawa, K., A. Kadokura, N. Sato, S. E. Milan, M. Lester, G. Bjornsson, T. Saemundsson, Electric field oscillation behind pulsating aurora, SuperDARN Workshop and Annual Meeting 2008, June 2008, Newcastle, Australia (talk was given by N. Sato)
    2007
  38. Hosokawa, K., S. Taguchi, S. Suzuki, R. Nishizawa, M. R. Collier, T. E. Moore, and M. F. Thomsen, Motion of the Earth’s Magnetopause Estimation from low-energy neutral atom emissions, American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting, Dec 2007, Sanfrancisco, USA
  39. Hosokawa, K., N. Nishitani, T. Ogawa, T. Tsugawa, R. Kataoka, and A. Saito, Initial Backscatter Occurrence Statistics from SuperDARN Hokkaido Radar, SuperDARN Workshop and Annual Meeting 2007, June 2007, Abashiri, Japan
  40. Hosokawa, K.,, K. Shiokawa, Y. Otsuka, T. Ogawa, J.-P. St-Maurice, G. Sofko, and D. Andre, Spatial relationship of polar cap patches and field-aligned irregularities observed with an all-sky imager at RSB and PD Rankin Inlet, SuperDARN Workshop and Annual Meeting 2007, June 2007, Abashiri, Japan
  41. Hosokawa, K., T. Ogawa, N. F. Arnold, M. Lester, N. Sato, and A. S. Yukimatu, An interhemispheric comparison of Polar Mesosphere Summer Echoes (PMSE) as detected with conjugate SuperDARN radars, Greenland IPY 2007 Space Science Symposium (GSSS-2007), May 2007, Kangerlussuaq, Greenland (invited talk)
  42. Hosokawa, K.,, K. Shiokawa, Y. Otsuka, and T. Ogawa, Optical observations of polar cap patches, Greenland IPY 2007 Space Science Symposium (GSSS-2007), May 2007, Kangerlussuaq, Greenland
    2006
  43. Hosokawa, K., T. Ogawa, A. S. Yukimatu, and N. Sato, Statistical properties of Polar Mesosphere Summer Echoes as detected with the Super Dual Auroral Radar Network, American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting, Dec 2006, Sanfrancisco, USA
  44. Hosokawa, K., K. Shiokawa, Y. Otsuka, T. Ogawa, A. S. Yukimatu, and N. Sato, Spatial relationship of polar cap patches and field-aligned irregularities observed with an all-sky airglow imager and the SuperDARN radar, SuperDARN Workshop and Annual Meeting 2006, May 2006, Verginia, USA
  45. Hosokawa, K., T. Yamano, N. Sato, S. Shimizu, Y. Murata, S. E. Milan, M. Lester, G. Bjornsson, and T.Saemundsson, Simultaneous measurement of auroral fine-scalestructures with ground based all-sky TV cameraand SuperDARN over Iceland, SuperDARN Workshop and Annual Meeting 2006, May 2006, Verginia, USA
    2005
  46. Hosokawa K., T. Ogawa, A. S. Yukimatu, and N. Sato, Extraction of PMSE from SuperDARN data, American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting, Dec 2005, Sanfrancisco, USA
  47. Hosokawa K., T. Ogawa, A. S. Yukimatu, and N. Sato, Extraction of PMSE from SuperDARN data, SuperDARN 2005 Workshop and Annual Meeting, May 2005, Lake District, UK
  48. Hosokawa K., K. Shiokawa, Y. Otsuka, A. Nakajima, T. Ogawa, J. D. Kelly, M. Lester, A. S. Yukimatu, and N. Sato, Simultaneous observation of polar cap patches with ground-based all-sky imager and SuperDARN, SuperDARN 2005 Workshop and Annual Meeting, May 2005, Lake District, UK
    2004
  49. Hosokawa K., S. Taguchi, S. Yamasita, A. S. Yukimatu, N. Sato and T. Iyemori, On the relationship between spectral characteristics of high-latitude plasma irregularities and small-scale electromagnetic field fluctuations, SuperDARN 2004 Workshop and Annual Meeting, May 2004, Saskatoon, Canada
  50. Hosokawa K., T. Ogawa, N. Arnold, M. Lester, A. S. Yukimatu, and N. Sato, Statistical analysis of backscatters from first range gates with SENSU Syowa East and CUTLASS Iceland East, SuperDARN 2004 Workshop and Annual Meeting, May 2004, Saskatoon, Canada
  51. Hosokawa K., S. Taguchi, A. Yamazaki, A. Nakao, M. R. Collier, T. E. Moore, M. Lester, A. S. Yukimatu, and N. Sato, Poleward-moving patch of neutral atoms as observed with IMAGE LENA imager, SuperDARN 2004 Workshop and Annual Meeting, May 2004, Saskatoon, Canada
  52. Hosokawa K., T. Ogawa, N. Arnold, M. Lester, A. S. Yukimatu, and N. Sato, Statistics of Antarctic Mesospheric Echoes observed with the SuperDARN Radar in Antarctica, XXVIII SCAR Open Science Conference, July 2004, Bremen, Germany
  53. Hosokawa K., T. Ogawa, N. Arnold, M. Lester, A. S. Yukimatu, and N. Sato, Statistical properties of Polar Mesosphere Summer Echoes as detected with Super Dual Auroral Radar Network, 2nd International Conference in Polar Research of China, October 2004, Beijing, China
    2002
  54. Hosokawa K., E. E. Woodfield, M. Lester, S. E. Milan, N. Sato, A. S. Yukimatu, and T. Iyemori, Interhemispheric comparison of spectral width boundary as identified by the SuperDARN radars, SuperDARN 2002 Workshop and Annual Meeting, May 2002, Alaska, USA
  55. Hosokawa K., E. E. Woodfield, M. Lester, S. E. Milan, N. Sato, A. S. Yukimatu, and T. Iyemori, Interhemispheric comparison of spectral width boundary as identified by the SuperDARN radars, 2002 Western Pacific Geophysics Meeting, 12 July 2002, Oakland, New Zealand
  56. Hosokawa K., E. E. Woodfield, M. Lester, S. E. Milan, N. Sato, A. S. Yukimatu, and T. Iyemori, Interhemispheric comparison of spectral width boundary as identified by the SuperDARN radars, XXVII Scientific Committee on Antarctic Research Meeting, July 2002, Shanghai, China
    2001
  57. Hosokawa K., E. E. Woodfield, M. Lester, S. E. Milan, N. Sato, A. S. Yukimatu, and T. Iyemori, Characteristics of the spectral width boundary around dayside ionosphere as observed by CUTLASS and SENSU, SuperDARN 2001 Workshop and Annual Meeting, May 2001, Venice, Italy
  58. Hosokawa K., M. Sugino, A. S. Yukimatsu, N. Sato, and T. Iyemori, Simultaneous observation of the subauroral plasma irregularties by EISCAT and SuperDARN, 10th International EISCAT Workshop, July 2001, Tokyo, Japan
  59. Hosokawa K., A. S. Yukimatsu, T. Iyemori, N. Sato, and M. Sugino, Source of plasma irregularities in the subauroral F region as observed by the SuperDARN radars, 2001 Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC), August 2001, Tokyo, Japan
  60. Hosokawa K., E. E. Woodfield, M. Lester, S. E. Milan, N. Sato, A. S. Yukimatu, and T. Iyemori, Interhemispheric comparison of spectral width boundary as observed by the conjugate SuperDARN radars, Magnetosphere Ionosphere Solar Terrestrial (MIST) Meeting, Nov 2001, London, UK
    2000
  61. Hosokawa, K., A. S. Yukimatu, T. Iyemori, and N. Sato, Spatial distribution of irregularity occurrence rate in the subauroral F region as observed by the SuperDARN radars, SuperDARN 2000 Workshop and Annual Meeting, May 2000, Beachworth, Australia
  62. Hosokawa, K., A. S. Yukimatu, T. Iyemori, and N. Sato, Spatial distribution of irregularity occurrence rate in the subauroral F region as observed by the SuperDARN radars, First S-Ramp Conference, Oct 2000, Sapporo, Japan
  63. Hosokawa, K., T. Iyemori, A. S. Yukimatu, N. Sato, and M. Sugino, Active source of the plasma irregularities in the subauroral F region as observed by the SuperDARN radars, American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting, Dec 2000, Sanfrancisco, USA


DOMESTIC MEETINGS

予定

    2015
  1. 細川敬祐, 田口聡, 塩川和夫, 小川泰信, 大塚雄一, 2014 年 12 月の連発した CME に対する極冠域電離圏の応答: 2 台の全天イメージャによる 5 日間連続モニタリング, 日本地球惑星科学連合大会, 2015 年 5 月, 幕張(口頭)
  2. 細川敬祐, 小川泰信, 田口聡, 小型大気光カメラによる極冠パッチの撮像, 日本地球惑星科学連合大会, 2015 年 5 月, 幕張(口頭)
  3. 細川敬祐, 地上光学、EISCAT、ロケット、ERG 衛星による脈動オーロラの総合観測計画, 名古屋大学 STEL 研究集会「EISCAT 研究集会」, 2015 年 3 月, 国立極地研究所(口頭)
  4. 細川敬祐, オンセットに関わるオーロラ現象について, 国立極地研究所 研究集会「南北極域ネットワーク観測によるジオスペース現象の共役性に関する研究集会」, 2015 年 3 月, 国立極地研究所(口頭)
  5. 細川敬祐, 脈動オーロラに伴う電離圏分極電場の生成, 国立極地研究所 研究集会「極域電離圏-磁気圏結合研究集会」, 2015 年 3 月, 国立極地研究所(口頭)
  6. 細川敬祐, オンセットに繋がるオーロラアークと背景電場との関係 - SuperDARN 観測, 国立極地研究所 研究集会「極域電離圏-磁気圏結合研究集会」, 2015 年 3 月, 国立極地研究所(口頭)
  7. 細川敬祐, 地上-ロケット-ERG衛星による脈動オーロラ観測計画, ERG サイエンス会議, 2015 年 3 月, 名古屋(口頭)
  8. 細川敬祐, 極域編隊飛行衛星による電離圏現象の観測について, 名古屋大学 STEL 研究集会「電磁気圏観測に向けた将来探査衛星計画に関する研究集会」, 2015 年 2 月, 名古屋(口頭)
  9. 細川敬祐, 小川泰信, 脈動オーロラに伴う電離圏電子密度の周期的変動, 名古屋大学 STEL 研究集会「脈動オーロラ研究集会」, 2015 年 1 月, 名古屋(口頭)
    2014
  10. 細川敬祐, 安価な量産型小型カメラによる夜間大気光の観測, 電気通信大学宇宙・電磁環境研究センター, 2014 年 12 月, 東京(口頭)
  11. 細川敬祐, 尾崎直紀, 小川泰信, SuperDARN と IMAGE/FUV を用いた沿磁力線電流マップの導出, 名古屋大学 STEL 研究集会「中緯度短波レーダー研究集会」, 2014 年 11 月, 名古屋(口頭)
  12. 細川敬祐, 田口聡, 小川泰信, 小型大気光カメラによるポーラーパッチの撮像, 地球電磁気・地球惑星圏学会 (SGEPSS), 2014 年 11 月, 松本(ポスター)
  13. 細川敬祐, 極域の電離圏現象と中低緯度の電離圏現象のアナロジーについて, 中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会, 2014 年 9 月, 情報通信研究機構(ポスター)
  14. 細川敬祐, 田口聡, 小川泰信, 極冠パッチの縁, 日本地球惑星科学連合大会, 2014 年 4 月, 横浜(口頭)
  15. 細川敬祐, オーロラ渦列構造の背景にある電場の微細構造, 日本地球惑星科学連合大会, 2014 年 4 月, 横浜(口頭)
  16. 細川敬祐, サブストーム中の電離圏電場観測についての動向整理, 国立極地研究所研究集会「極域電離圏-磁気圏結合研究集会」, 2014 年 3 月, 国立極地研究所(口頭)
  17. 細川敬祐, ERG-S520ロケット実験紹介, ERG サイエンス会議, 2014 年 3 月, 宇宙科学研究所(口頭)
    2013
  18. 細川敬祐, オーロラ爆発と GPS シンチレーションの関連性について, 電気通信大学宇宙・電磁環境研究センター, 2013 年 12 月, 東京(口頭)
  19. 細川敬祐, 平木康隆, 小川泰信, 坂口歌織, オンセットアークの構造化と背景電場の変化, 第 4 回極域科学シンポジウム, 2013 年 11 月, 国立極地研究所(ポスター)
  20. 細川敬祐, 田口聡, 塩川和夫, 大塚雄一, 小川泰信, 複数の全天イメージャとレーダーによるポーラーパッチの広域イメージング観測, 地球電磁気・地球惑星圏学会 (SGEPSS), 2013 年 11 月, 高知(口頭)
  21. 細川敬祐, 平木康隆, 小川泰信, 坂口歌織, オンセットアークの構造化と背景電場の変化, 地球電磁気・地球惑星圏学会 (SGEPSS), 2013 年 11 月, 高知(ポスター)
  22. 細川敬祐, 極域の電離圏現象と中低緯度の電離圏現象のアナロジーについて, 中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会, 2014 年 9 月, 情報通信研究機構(ポスター)
  23. 細川敬祐, 小川泰信, 脈動オーロラに伴う電離圏変動, 名古屋大学 STEL 研究集会「脈動オーロラ研究集会」, 2013 年 8 月, 名古屋(口頭)
  24. 細川敬祐, 極域地上光学観測による宇宙天気の研究, 日本地球惑星科学連合大会, 2013 年 5 月, 幕張(口頭)
  25. 細川敬祐, 昭和, アイスランドにおけるオーロラ構造化の光学観測について, 国立極地研究所研究集会「電離圏磁気圏結合研究集会」, 2013 年 2 月, 国立極地研究所(口頭)
  26. 細川敬祐, 小川泰信, 観測データとオームの法則の整合性について, 国立極地研究所研究集会「電離圏磁気圏結合研究集会」, 2013 年 2 月, 国立極地研究所(口頭)
  27. 細川敬祐, 地上全天大気光撮像による極域プラズマドリフトの推定, 統計数理研究所共同研究集会「電離圏・磁気圏モデリングとデータ同化」, 2013 年 1 月, 統計数理研究所(口頭)
    2012
  28. 細川敬祐, UEC ロングイアビン全天撮像観測装置に基づく研究成果, 電気通信大学宇宙・電磁環境研究センター, 2012 年 12 月, 東京(口頭)
  29. 細川敬祐, 大塚雄一, 小川 泰信, 津川卓也, 磁気嵐中に発生したサブストームに伴う GPS シンチレーション, 第 3 回極域科学シンポジウム, 2012 年 11 月, 東京(口頭)
  30. 細川敬祐, 各種オーロラ研究における EISCAT_3D への期待, EISCAT研究集会: 北極・北欧における観測・研究戦略, 2012 年 11 月, 名古屋(招待講演)
  31. 細川敬祐, 田口聡, 小川泰信, 極冠域電離圏プラズマの構造化: 高速大気光撮像で見えてきたもの, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2012 年 10 月, 札幌(口頭)
  32. 細川敬祐, 平木康隆, 小川泰信, 坂口歌織, サブストームオンセット前に見られるオーロラアークの不安定化, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2012 年 10 月, 札幌(ポスター)
  33. 細川敬祐, 田口聡, 小川泰信, ノルウェーロングイヤービイエンにおける全天大気光高速撮像観測, 中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会, 2012 年 8 月, 情報通信研究機構(ポスター)
  34. 細川敬祐, 脈動オーロラのレーダー観測から分かってきたこと, 名古屋大学 STEL 研究集会「脈動オーロラ研究集会」, 2012 年 8 月, 名古屋(口頭)
  35. 細川敬祐, 田口聡, 小川泰信, ポーラーキャップパッチの構造化: ロングイヤービイエンにおける大気光観測, 日本地球惑星科学連合大会, 2012 年 5 月, 幕張(ポスター)
  36. 細川敬祐, 地上光学観測と SuperDARN の相互補完的活用による超高層大気研究, 極域観測研究の過去・現在・未来 〜 共役点観測と SuperDARN ネットワーク観測を中心に, 2011 年 2 月, 国立極地研究所(招待講演)
  37. 細川敬祐, 観測から見た電離圏の特徴,「太陽彩層と地球電離圏の接点」研究集会, 2012 年 1 月, 国立天文台, 東京(招待講演)
    2011
  38. 細川敬祐, S. E. Milan, M. Lester, 門倉昭, 佐藤夏雄, G. Bjornsson, Observations of large flow shears around small-scale auroral beads observed at substorm onset, 第 2 回極域科学シンポジウム, 2011 年 11 月, 東京(ポスター)
  39. 細川敬祐, 極冠域に現れた極端に明るい 630.0 nm 大気光の舌, 現象解析ワークショップ 〜 STP分野における極端事象 〜, 2011 年 11 月, 京都(口頭)
  40. 細川敬祐, 大塚雄一, 小川 泰信, 津川卓也, オーロラ爆発に伴う電離圏イレギュラリティ: 光学・GPS 受信機・短波レーダー同時観測, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2011 年 11 月, 神戸(口頭)
  41. 細川敬祐, 大塚雄一, 小川 泰信, 津川卓也, オーロラ爆発に伴う電離圏イレギュラリティ: 光学・GPS 受信機・短波レーダー同時観測, 中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会, 2011 年 8 月, 福岡(ポスター)
  42. 細川敬祐, 地上光学観測と SuperDARN の相互補完的活用による極域超高層大気研究, SuperDARN 研究集会, 2011 年 7 月, 国立極地研究所(招待講演)
  43. 細川敬祐, 塩川和夫, 大塚雄一, パッチの停滞に伴うプラズマイレギュラリティの衰退, 日本地球惑星科学連合大会, 2011 年 5 月, 幕張(ポスター)
  44. 細川敬祐, 門倉昭, 佐藤夏雄, オンセット直前に現れるビーズ状オーロラのレーダー観測, 日本地球惑星科学連合大会, 2011 年 5 月, 幕張(ポスター)
    2010
  45. 細川敬祐, 小川泰信, Pedersen current carried by electrons in auroral D-region, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2010 年 10 月, 沖縄(ポスター: 第 2 著者による代理発表)
  46. 細川敬祐, 2006 年 12 月 15 日の磁気嵐中に観測された LSTID の励起過程について, 名古屋大学 STEL 研究集会「中緯度短波レーダー研究会」, 2010 年 1 月, 名古屋(口頭)
    2009
  47. 細川敬祐, 斉藤昭則, 吉田大紀, 簡単デジタル立体地球儀ダジック・アースを用いた地球科学に関する展示と授業, 3D フォーラム, 2009 年 12 月, 東京(口頭)
  48. 細川敬祐, 元場哲郎, 行松彰, S. E. Milan, M. Lester, ドリフトするパッチ型ディフーズオーロラに伴うプラズマイレギュラリティ, NICT/STEL研究集会「中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会」, 2009 年 11 月, 京都(ポスター)
  49. 細川敬祐, SuperDARN レーダー網の紹介とデータ活用の方向性について, NICT 宇宙環境計測グループ 宇宙科学セミナー, 2009 年 11 月, 東京(口頭)
  50. 細川敬祐, 小川泰信, 門倉昭, 宮岡宏, 佐藤夏雄, Modulation of ionospheric conductance and electric field associated with pulsating aurora, 第32回 極域宙空圏シンポジウム, 2009 年 11 月, 東京(口頭)
  51. 細川敬祐, 塩川和夫, 大塚雄一, 小川忠彦, On the shape of polar cap patches, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2009 年 9 月, 金沢(口頭)
  52. 細川敬祐, SuperDARN チュートリアル, STEL研究集会「多点衛星・地上データ解析による磁気圏ダイナミクス研究会」, 2009 年 7 月, 名古屋(口頭)
  53. 細川敬祐, 津川卓也, 塩川和夫, 西谷望, 大塚雄一, 小川忠彦, 2006 年 12 月 14-15 日の磁気嵐中に観測された極冠域電離舌, 日本地球惑星科学連合 2009 年大会, 2009 年 5 月, 幕張(口頭)
  54. 細川敬祐, 宮下幸長, 堀智昭, 高田拓, 藤本正樹, V. Angelopoulos, J. P. McFadden, H. U. Auster, S. B. Mende, E. Donovan, 行松彰, 佐藤夏雄, Temporal evolution of ionospheric flows around substorm onset: high time resolution SuperDARN measurements in support of THEMIS 日本地球惑星科学連合 2009 年大会, 2009 年 5 月, 幕張(ポスター)
  55. 細川敬祐, 高感度全天カメラとれいめい衛星による極冠域オーロラの同時観測, 名古屋大学 STEL 研究集会「れいめい-地上同時観測研究集会」, 2009 年 2 月, 東京(口頭)
    2008
  56. 細川敬祐, Dusk Scatter Echoes observed with mid-latitude SuperDARN radar in Hokkaido, Japan, 名古屋大学 STEL 研究集会「中緯度短波レーダー研究会」, 2008 年 12 月, 名古屋(口頭)
  57. 細川敬祐., 津川卓也, 塩川和夫, 西谷望, 大塚雄一, 小川忠彦, 極冠域電離舌 - 中緯度から極冠域へのプラズマ輸送 -, 名古屋大学 STEL 研究集会「中緯度短波レーダー研究会」, 2008 年 12 月, 名古屋(口頭)
  58. 細川敬祐, 極域プラズマ対流 - 基本的構造と未解明問題の整理 -, NICT/STEL研究集会「中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会」, 2008 年 11 月, 東京(口頭)
  59. 細川敬祐., 津川卓也, 塩川和夫, 西谷望, 大塚雄一, 小川忠彦, Optical observation of polar cap tongue of ionization, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2008 年 10 月, 仙台(口頭)
  60. 細川敬祐, 西谷望, Mid-latitude dusk scatter event as observed with Hokkaido SuperDARN radar, 第31回 極域宙空圏シンポジウム, 2008 年 8 月, 東京(ポスター)
  61. 細川敬祐, 小川泰信, 門倉昭, 佐藤夏雄, Electron density modulation associated with pulsting aurora, 第31回 極域宙空圏シンポジウム, 2008 年 8 月, 東京(ポスター)
  62. 細川敬祐, 門倉昭, 佐藤夏雄, S. E. Milan, M. Lester, G. Bjornsson, T. Saemundsson, Electric field oscillation behind pulsating aurora, 日本地球惑星科学連合 2008 年大会, 2008 年 5 月, 幕張(口頭)
  63. 細川敬祐, 西谷望, 小川忠彦, Initial backscatter statistics from mid-latitude SuperDARN radar in Hokkaido, 日本地球惑星科学連合 2008 年大会, 2008 年 5 月, 幕張(ポスター)
  64. 細川敬祐, 行松彰, 北極域SuperDARN観測の現状報告, 「北極超高層・EISCAT関連国内研究集会」, 2008 年 3 月, 東京(口頭)
  65. 細川敬祐, 北海道レーダー観測 1 年目のエコー通信簿, 名古屋大学 STEL 研究集会「中緯度短波レーダー研究会」, 2008 年 1 月, 名古屋(口頭)
  66. 細川敬祐, 全天カメラ・SuperDARN レーダー・れいめい衛星によるオーロラの総合観測, 名古屋大学 STEL 研究集会「れいめい-地上同時観測研究集会」, 2008 年 1 月, 東京(口頭)
  67. 細川敬祐, 田口聡, 鈴木臣, M. R. Collier, T. E. Moore, M. F. Thomsen, 中性粒子撮像観測による磁気圏界面運動の推定, 名古屋大学 STEL 研究集会「電離圏・磁気圏のリモートセンシングデータとモデルの結合」, 2008 年 1 月, 東京(口頭)
    2007
  68. 細川敬祐, 塩川 和夫, 大塚 雄一, 中島 章光, 小川 忠彦, J.-P. St-Maurice, G. Sofko, D. Andre, Spatial relationship of polar cap patches and field-aligned irregularities observed with an all-sky imager at RSB and PD Rankin Inlet, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2007 年 9 月, 名古屋(口頭)
  69. 細川敬祐, 門倉昭, 佐藤夏雄, S. E. Milan, M. Lester, G. Bjornsson, T. Saemundsson, Electric field oscillation behind pulsating aurora, 第30回 極域宙空圏シンポジウム, 2007 年 8 月, 東京(口頭)
  70. 細川敬祐, 西谷 望, 片岡 龍峰, 小川 忠彦, 北海道短波レーダー研究グループ, 北海道―陸別短波レーダー初期結果 3: 地上散乱エコーと電離圏・熱圏擾乱, 日本地球惑星科学連合 2007 年大会, 2007 年 5 月, 幕張(口頭)
  71. 細川敬祐, 塩川 和夫, 大塚 雄一, 中島 章光, 小川 忠彦, 佐藤 夏雄, 行松 彰, SuperDARN レーダーと高感度全天イメージャによるポーラーキャップパッチの同時観測, 日本地球惑星科学連合 2007 年大会, 2007 年 5 月, 幕張(ポスター)
  72. 細川敬祐, SuperDARNデータ解析の実習, EISCAT-SuperDARN-れいめい衛星データ講習会, 2007 年 3 月, 東京(口頭)
  73. 細川敬祐, 北海道レーダー地上散乱エコーの統計的性質 - 初期解析結果から -, 名古屋大学 STEL 研究集会「中緯度短波レーダー研究会」, 2007 年 2 月, 名古屋(口頭)
  74. 細川敬祐, SuperDARN, OMTI と衛星観測を組み合わせた磁気圏・電離圏研究, 宇宙プラズマ/太陽系環境研究の将来構想座談会5 〜地球磁気圏地上ー衛星観測共同研究の深化に向けて〜, 2007 年 1 月, 伊良湖(口頭)
    2006
  75. 細川敬祐, アイスランドにおける光学・SuperDARN レーダーを用いたオーロラのキャンペーン観測概要, STEL 研究集会「地上-れいめい同時観測研究集会」, 2006 年 9 月, 豊川(口頭)
  76. 細川敬祐, 田口聡, M. R. Collier, T. E. Moore, 昼側磁気圏界面の運動: ENA 観測からのモデリング, STEL 研究集会「リモートセンシングによる極域電離圏・磁気圏プラズマの動態の解明」, 2006 年 9 月, 豊川(口頭)
  77. 細川敬祐, SuperDARN を用いた超高層大気研究, STEL-NICT 研究集会「中間圏・熱圏・電離圏 (MTI) 研究会」, 2006 年 9 月, 豊川(ポスター)
  78. 細川敬祐, 小川忠彦, N. F. Arnold, M. Lester, An interhemispheric comparison of Polar Mesosphere Summer Echoes as detected with conjugate SuperDARN radars, 第29回 極域宙空圏シンポジウム, 2006 年 8 月, 東京(口頭)
  79. 細川敬祐, 山野 泰生, 佐藤 夏雄, 清水 悟史, 村田 洋三, 佐藤夏雄, S. E. Milan, M. Lester, G. Bjornsson, T. Saemundsson, アイスランドにおける SuperDARN レーダー・全点カメラを用いたオーロラ微細構造の同時観測, 第29回 極域宙空圏シンポジウム, 2006 年 8 月, 東京(ポスター)
  80. 細川敬祐, 塩川 和夫, 大塚 雄一, 中島 章光, 小川 忠彦, 佐藤 夏雄, 行松 彰, SuperDARN レーダーと高感度全天イメージャによるポーラーキャップパッチの同時観測, 日本地球惑星科学連合 2006 年大会, 2006 年 5 月, 幕張(口頭)
  81. 細川敬祐, 山野 泰生, 佐藤 夏雄, 清水 悟史, 村田 洋三, 佐藤夏雄, S. E. Milan, M. Lester, G. Bjornsson, T. Saemundsson, アイスランドにおける SuperDARN レーダー・全天カメラを用いたオーロラの同時観測, 日本地球惑星科学連合 2006 年大会, 2006 年 5 月, 幕張(ポスター)
    2005
  82. 細川敬祐, 小川忠彦, 行松彰, 佐藤夏雄, SuperDARNレーダーデータを用いた極域夏季中間圏レーダーエコーの統計解析, STEL-NICT 研究集会「中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会」, 2005 年 11月, 豊川(ポスター)
  83. 細川敬祐, SuperDARN運用の現状と課題, STEL 研究集会「中緯度短波レーダー研究会」, 2005 年 11 月, 豊川(口頭)
  84. 細川敬祐, 小川忠彦, 行松彰, 佐藤夏雄, SuperDARNによって観測される PMSE の検出 - PMSE 活動度グローバルマップの導出は可能か? -, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2005 年 9 月, 京都(ポスター)
  85. 細川敬祐, 塩川和夫, 大塚雄一, 中嶋章光, 小川忠彦, ポーラーパッチの光学観測から導出された極冠域プラズマ対流の時間変動, 地球電磁気・地球惑星圏学会、2005 年 9 月, 京都(口頭)
  86. 細川敬祐, 田口聡, 村田洋三, 中尾昭, M. R. Collier、T. E. Moore, 行松彰, 佐藤夏雄, 磁気圏界面の運動とカスプ近傍で見られる電離圏対流増速の関連性について, 第28回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 2005 年 8 月, 東京(口頭)
  87. 細川敬祐, 小川忠彦, 行松彰, 佐藤夏雄, SuperDARNレーダーデータを用いた極域夏季中間圏レーダーエコーの統計解析, 第28回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 2005 年 8 月, 東京(ポスター)
  88. 細川敬祐, 塩川和夫, 大塚雄一, 小川忠彦, 佐藤夏雄, 行松彰, ポーラーキャップパッチの光学観測 - 初期報告 -, 地球惑星科学合同大会、2005 年 5月, 幕張(口頭)
    2004
  89. 細川敬祐,田口聡,中尾昭,M. R. Collier,T. E. Moore,M. Lester,佐藤夏雄,行松彰, 中性粒子撮像観測に見られるトランジェントなエミッション, STEL 研究集会「リモートセンシングが拓くカスプ領域の理解の新段階」, 2004 年 10 月, 名古屋(口頭)
  90. 細川敬祐,山下哲,P. Stauning,行松彰,佐藤夏雄,家森俊彦, 極域短波レーダー観測に見られるブロードなスペクトルの起源とその応用について, STEL 研究集会「リモートセンシングが拓くカスプ領域の理解の新段階」, 2004 年 10 月, 名古屋(口頭)
  91. 細川敬祐, SuperDARN を用いた PMSE 研究について, STEL 研究集会「中緯度短波レーダー研究会」, 2004 年 10 月, 名古屋(口頭)
  92. 細川敬祐, 小川忠彦, 行松彰, 佐藤夏雄, SuperDARNレーダー超近距離エコーの統計解析 - PMSE発生頻度に南北差はあるのか? -, 第27回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 2004 年 7 月, 東京(口頭)
  93. 細川敬祐,田口聡,山崎敦, 中尾昭,M. R. Collier,T. E. Moore,M. Lester,佐藤夏雄,行松彰, IMAGE衛星中性粒子撮像観測にみられる移動性パッチの動的特性とその起源, 地球惑星科学合同大会、2004 年 5月, 幕張(口頭)
  94. 細川敬祐, SuperDARNデータの処理と解析, EISCAT/SuperDARNレーダー研究集会, 2004 年 3 月, 東京(口頭)
    2003
  95. 細川敬祐, 山下哲, P. Stauning, 行松彰, 佐藤夏雄, 家森俊彦, Origin of SuperDARN Broad Doppler Spectra: First Observational Evidence from the Oersted Satellite Magnetometer, SuperDARNレーダーによる極域電磁圏ダイナミクスに関する研究小集会, 2003 年 1 月, 東京(口頭)
  96. 細川敬祐, 山下哲, P. Stauning, 佐藤夏雄, 行松彰, 家森俊彦, Origin of the SuperDARN Doppler Spectra: First Observational Evidence from the Oersted Satellite Magnetometer, 地球惑星圏関連学会合同大会, 2003 年 5 月, 幕張(口頭)
  97. 細川敬祐, 山下哲, Peter Stauning, 佐藤夏雄, 行松彰, 家森俊彦, SuperDARNレーダーによって観測される幅の広いスペクトルを持つエコーの起源: エルステッド衛星同時観測によって得られた観測的証拠, 第26回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 2003 年 7 月, 東京(口頭)
  98. 細川敬祐, 渡邊友幸, 佐藤夏雄, 行松彰, 柴田喬, 昭和基地SuperDARNレーダーを用いた南極域大気重力波の検出, 第26回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 2003 年 7 月, 東京(ポスター)
  99. 細川敬祐, M. Lester, 佐藤夏雄, 行松彰, 家森俊彦, 電離圏プラズマイレギュラリティの出現特性から推定されるサブオーロラ帯の空間構造, 内部磁気圏研究会, 2003 年 8 月, 東京(口頭)
  100. 細川敬祐, 渡邊友幸, 佐藤夏雄, 行松彰, 柴田喬, 昭和基地SuperDARNレーダーを用いた南極域大気重力波の検出, STEL 研究集会「中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会」, 2003 年 9 月, 豊川(ポスター)
  101. 細川敬祐, M. Lester, 佐藤夏雄, 行松彰, 家森俊彦, 電離圏プラズマイレギュラリティの出現特性から推定されるサブオーロラ帯の空間構造, STEL 研究集会「中緯度短波レーダー研究会」, 2003 年 9 月, 豊川(口頭)
  102. 細川敬祐, 山下哲, Peter Stauning, 佐藤夏雄, 行松彰, 家森俊彦, 高緯度プラズマイレギュラリティ散乱電波のスペクトル特性と背景電磁場微細構造の関係性について, 地球惑星圏・地球電磁気学会, 2003 年 10 月, 富山大学(口頭)
  103. 細川敬祐, 渡邊友幸, 佐藤夏雄, 行松彰, 柴田喬, 昭和基地SuperDARNレーダーを用いた南極域大気重力波の検出, 地球惑星圏・地球電磁気学会, 2003 年 10 月, 富山(ポスター)
    2002
  104. 細川敬祐, M. Lester, 行松彰, 佐藤夏雄, 家森俊彦, Large Scale Poleward Moving Form (LSPMF) as Observed by the Conjugate SuperDARN Radars, SuperDARNレーダーによる極域電磁圏ダイナミクスに関する研究小集会, 2002 年 1 月, 東京(口頭)
  105. 細川敬祐, 杉野正彦, M. Lester, 行松彰, 佐藤夏雄, 家森俊彦, Simultaneous Observation of the Subauroral Plasma Irregularties by EISCAT and SuperDARN、 STEL研究集会「各種手法を用いた超高層大気の観測研究」, 2002 年 3 月, 名古屋(口頭)
  106. 細川敬祐, E. E. Woodfield, M. Lester, S. E. Milan, 行松彰, 佐藤夏雄, 家森俊彦, Interhemispheric Comparison of Spectral Width Boundary as Identified by the SuperDARN Radars, 地球惑星科学関連学会合同大会, 2002 年 5 月, 東京(口頭)
  107. 細川敬祐, 小川忠彦, 行松彰, 佐藤夏雄, 昭和基地短波レーダーによって観測される超近距離エコーの統計的性質, 第25回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 2002 年 7 月, 東京(ポスター)
  108. 細川敬祐, 山下哲, P. Stauning, 行松彰, 佐藤夏雄, 家森俊彦, 様々な電離圏境界における短波レーダースペクトルの特性, 第25回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 2002 年 7 月, 東京(口頭)
  109. 細川敬祐, 小川忠彦, 行松彰, 佐藤夏雄, 昭和基地短波レーダーで観測されたPMSEの長期変動 -初期結果-, 地球電磁気地球惑星圏学会, 2002 年 11 月, 東京(口頭)
    2001
  110. 細川敬祐, カスプ近傍電離圏-熱圏シミュレーションに対するSuperDARNの利用価値, STEL研究集会「各種手法を用いた超高層大気の観測研究」, 2001 年 3月, 名古屋(口頭)
  111. 細川敬祐, E. E. Woodfield, M. Lester, S. E. Milan, 行松彰, 佐藤夏雄, 家森俊彦, HFレーダーによって観測される昼間側電離圏エコーの南北半球比較, 地球惑星科学関連学会合同大会, 2001 年 6月, 東京(口頭)
  112. 細川敬祐, E. E. Woodfield, M. Lester, S. E. Milan, 行松彰, 佐藤夏雄、家森俊彦、Characteristics of the Spectral Width Boundary as Observed by CUTLASS and SENSU, 第24回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 2001 年 7 月, 東京(口頭)
  113. 細川敬祐, 小川忠彦, 行松彰, 佐藤夏雄, 昭和基地短波レーダーによって観測される超近距離エコーの統計的性質, 南極大型レーダー計画 (PANSY計画)に関する研究小集会, 2001 年 9 月, 東京(口頭)
    2000
  114. 細川敬祐, 行松彰, 家森俊彦, 佐藤夏雄, SuperDARN HF radarを用いた北半球Subauroral領域における F層Irregularity発生頻度分布解析, SuperDARN / Geotail / EISCAT / 地上同時観測に関する研究集会, 2000 年 1 月, 東京(口頭)
  115. 細川敬祐, 行松彰, 家森俊彦, 佐藤夏雄, SuperDARN HF radarで観測されるSubauroral領域 F層Irregularity発生頻度空間分布解析, アラスカプロジェクト中間圏熱圏関連部会合同会議ワークショップ, 2000 年 3 月, 東京(口頭)
  116. 細川敬祐, 行松彰, 家森俊彦, 佐藤夏雄, SuperDARN Group PIs, SuperDARN HF radarで観測されるSubauroral領域 F層Irregularity発生頻度空間分布解析, 地球惑星科学関連学会合同大会, 2000 年 6 月, 東京(ポスター)
  117. 細川敬祐, 行松彰, 家森俊彦, 佐藤夏雄, SuperDARNによって観測されるCusp領域の太陽風パラメータ依存性, 地球惑星科学関連学会合同大会, 2000 年 6 月, 東京(口頭)
  118. 細川敬祐, 行松彰, 家森俊彦, 佐藤夏雄, Solar Wind Control of the Polar Cusp Observed by the SuperDARN Radars, 第23回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 2000 年 8 月, 東京(口頭)
  119. 細川敬祐, 行松彰, 家森俊彦, 佐藤夏雄, スペクトル幅の広いエコーが観測される領域の太陽風との関連性, SuperDARNレーダーによる極域電磁圏ダイナミクスに関する研究小集会, 2000 年 10 月, 河口湖(口頭)
  120. 細川敬祐, 行松彰, 家森俊彦, 佐藤夏雄, SuperDARNによって観測されるカスプ近傍エコーの統計的性質, 地球電磁気地球惑星圏学会, 2000 年 11 月, 東京(口頭)
  121. 細川敬祐, 杉野正彦, 行松彰, 家森俊彦, 佐藤夏雄, Simultaneous Observation of the Subauroral Plasma Irregularties by EISCAT and SuperDARN, 北極域超高層物理の近未来展望に関する研究小集会, 2000 年 12 月, 東京(口頭)
    1999
  122. 細川敬祐, 行松彰, 家森俊彦, 佐藤夏雄, SuperDARN Group PIs, SuperDARN HF radarによって観測された高緯度F層における Solar Flare Effectの特性, 地球惑星科学関連学会合同大会, 1999 年 6 月, 東京(口頭)
  123. 細川敬祐, 行松彰, 家森俊彦, 佐藤夏雄, SuperDARN Group PIs, SuperDARN HF radarによって観測された高緯度F層における Solar Flare Effectの特性, 第22回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 1999 年 8 月, 東京(口頭)
  124. 細川敬祐, 家森俊彦, SuperDARNで観測されるterminator付近のirregularity領域のEISCATによる観測の提案, EISCATレーダーを軸とした北極域超高層物理研究の近未来展望に関する研究集会, 1999 年 10 月, 東京(口頭)
  125. 細川敬祐, 行松彰, 家森俊彦, 佐藤夏雄, SuperDARN Group PIs, SuperDARN HF radarを用いた北半球Subauroral領域における F層Irregularity発生頻度分布解析, 地球電磁気地球惑星圏学会, 1999 年 11 月, 仙台(口頭)
    1998
  126. 細川敬祐, 荒木徹, 家森俊彦, 亀井豊永, 伊藤克彦, 磁気圏界面静止軌道横断時の地上磁場変動の解析, 地球惑星科学関連学会合同大会, 1998 年 5 月, 東京(ポスター)
  127. 細川敬祐, 荒木徹, 家森俊彦, 亀井豊永, 伊藤克彦, 磁気圏界面静止軌道横断時の地上磁場変動の解析, 第21回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 1998 年 7 月, 東京(口頭)
  128. 細川敬祐, 行松彰, 家森俊彦, 単一のHFレーダーデータから2次元のドップラー速度を推定する方法, 地球電磁気地球惑星圏学会, 1998 年 11 月, 水戸(ポスター)